京都宇治発お茶菓子みたいな抹茶のお香

京都宇治でお菓子の木型で作った抹茶のお香体験を開催しています。

「いとをかし香」について

枯山水 と 抹茶のお香

卓上の小さな小宇宙『ミニ枯山水』 白砂を敷く。石を選ぶ。石を置く。砂紋をつける。いとをかし香をあしらう。 それぞれの作業と気持ちが一枚になると、 心が静かに整ってきます。 そして、 抹茶のお香の香りに耳を傾けながら、 もう一度砂紋に触れる。 心が…

昔ながらのお香の焚き方・空薫(そらだき)

炭に火を熾し、空気をたくさん含ませた灰の上に静かにのせ、脇にお香を置きます。 日本独自のお香文化は、平安時代に特に発達したと言われています。 光源氏もこのように炭と灰を使い、お香(練り香)を焚いていました。 抹茶のお香「いとをかし香」も 茶香炉…

疲れやストレスと、香りの関係

香りには、10の徳=香十徳があると言われています。 元は中国の漢詩ですが、室町時代、一休禅師によって日本に紹介されたと言われる『香十徳』。1.感覚が鋭くなる2.心身を清浄する3.けがれを取り除く4.眠気を覚ます 5.静かな時には友になる6.忙しいときに閑…

いとをかし香【抹茶】の楽しみ方

お菓子の木型で一つづつ手作りをしている「いとをかし香」。 「いとをかし香【抹茶】」は、抹茶の鮮度にこだわり、只今はオーダーをお受けしてからお作りしています。 大きさは直径約2センチ。 掌にのせると、こんなにたくさんのります。 一つか二つを茶香…

お茶菓子みたいなお香「いとをかし香(抹茶)」

空薫で焚く「いとをかし香」 資料作成の間のちょっと一息つきたい時。 普段食べないような高級お菓子をちょっと奮発して買った時。 子供を寝かしつけてやっと一人の時間ができた時。 私はこのような「ふと一息つきたい時」によく、台所で一人抹茶を点てます…