京都宇治発お茶菓子みたいな抹茶のお香

京都宇治でお菓子の木型で作った抹茶のお香体験を開催しています。

お香と「源氏物語ミュージアム」

我が家の散歩コースにある源氏物語ミュージアム京都府宇治市)は、

有料と無料のゾーンがあり、

 

無料ゾーンは喫茶コーナーにお土産物が販売されていたり、

源氏物語を身近に感じるちょっとした展示コーナーがあります。

 

喫茶コーナー横には、京都の老舗のお香屋さん「松栄堂」のお香がずらり。

松栄堂一番人気の「堀川」の香りが広がるなか、

源氏物語関連の書籍やちりめん細工の雑貨なども販売されています。

 

今日は喫茶はお休み。

f:id:incensekitchen:20200626164232j:plain

 コロナの影響でしょうか。

 

 

奥の展示コーナーでは、

子供でも楽しめるような、遊べる展示もありました。

f:id:incensekitchen:20200626164457j:plain

上の回転盤を回し、出てきた絵と同じ絵が周りのどこにあるかを見つけるかゲーム。

子供とどちらが先に見つけるか、しばらくあてっこして過ごしました。

 

ふと見るとこの絵の中に、

香りを競うシーンのある「梅が枝」の巻の、有名なアイテム=梅と松の壺の絵を発見!

 

日本のお香文化は、平安時代に大きく発展したといわれています。

源氏物語の中でも、お香に関するシーンが多く出てきて、

ミュージアムの建物のふとしたデザインにも、お香関連の意匠を発見することができます。

 

お香好きには、ディズニーでの隠れミッキーを見つけるような。。

そんな楽しみ方も、ここ源氏物語ミュージアムではできます(^▽^)/

 

最新情報や手作りの抹茶香づくり(京都府宇治市)についてはこちら↓をどうぞ♪

公式インスタグラム https://www.instagram.com/incensekitchen